HOME
最適な水質のために最適な素材をTIG株式会社
RICE HULLS CARBON JAPAN MADE IMAGE モミ殻活性炭 M3-CARBON

※M3 CARBONはTIG株式会社の登録商標です。

  • HOME
  • M3 カーボン

M3 カーボン

Eco material

M3カーボンは、ソニー株式会社が開発した高吸着性の炭素素材を採用しています。

モミ殻が活性炭の常識を変えます。

国産モミ殻活性炭M3 カーボンの
特性と利点

もみがら 国産モミ殻活性炭M3-カーボン

私たちは、M3カーボンを主原料として、浄水用カーボンフィルターへの採用へ向け基礎研究を開始しました。
予想通り、モミ殻活性炭が持つ特殊形状により、通水性が高く目詰まりがしにくい反面、吸着性能が高く、持続力があり、多様な物質を吸着できる特性を持っていました。
M3カーボンは加工が容易な細かな粒子で軽量のため、カーボンフィルター(カートリッジ)の小型化や、流通、在庫管理でも有利で原料のモミ殻は日本国内に豊富にあります。初期加工から最終工程まで、日本の加工技術を活かした高品質な完全国産が実現します。

エコノミーとエコロジー
付加ニーズにも応える新素材

エコノミーとエコロジー

環境への関心の高まりによって、カーボンニュートラルという概念が注目を集めるようになりました。植物由来の原材料を利用すれば、カーボンバランスの均衡は保たれます。また、製造や輸送で発生する二酸化炭素が少なければ環境に対してニュートラル(中立)であると評価されます。
余剰の植物資源であるモミ殻を再利用すること。日本国内の近距離輸送で対応出来ること。これらは、カーボンニュートラルに即したエコロジーであり、同時に生産や輸送にかけるコストの低減、すなわちエコノミーにもつながります。

M3 CARBONモミ殻活性炭

M3カーボンの特性

吸着性能の決め手は
2〜50nmの「メソポア」

モミ殻活性炭

M3カーボンの表層には2nm以下のミクロポア、2~50nmのメソポア、さらに50nm以上のマクロポアと呼ばれる細孔が無数にあります。
最も優れた吸着力を持つといわれるのがメソポアです。
ミクロポアとマクロポアが多いヤシ殻活性炭に比べ、M3カーボンはメソポアを中心に、3種類のポアがバランス良く点在しています。

M3カーボンの形状における優位性

モミ殻活性炭電子顕微鏡写真

塊状のヤシ殻活性炭に対して、M3カーボンは薄く細長い板状で、理想的なアスペクト比(長辺と短辺の比)になっています。こうした数値を持つ構造形状は通水抵抗が小さいため、水はスムーズに流れます。
また、通水による圧力を受けにくく目詰まりが少ないことから、豊富な通水量と耐久性が実現できます。

M3カーボン電子顕微鏡写真

表面積はヤシ殻の約1.5倍

 M3カーボン
長辺(mm)の平均0.348
短辺(mm)の平均0.156
厚み(mm)の平均0.031
総表面積 (mm2)0.140
総体積 (mm3)0.00168
総表面積/総体積83.084

M3カーボンとヤシ殻の粒子を詳しく測定すると総表面積の違いが際立っています。これは、形状が異なることと、M3カーボンの表面には細かな溝があることに起因します。また体積対表面積値でもM3カーボンに優位性がみられます。これは通水に対して広い接触面を持つということ。具体的には、さまざまな物質を素早く吸着できるという特性を示します。

※0.1mm〜0.2mmの篩掛けにより得た粒状炭より算出